春の不調にはマッサージがおすすめ2019年4月5日

春は季節の中でも不調が出やすい時期になります。
寒い冬から暖かい春へシフトしていくわけですが、体もそれに対応しようと頑張っている最中です。気持ちも浮き沈みが激しくなるといわれています。
体調不良が出たときに、上手に活用していただきたいのがマッサージです。
●このような不調はでていませんか?
☑ 眠くてしょうがない
☑ 頭がスッキリしない
☑ 肩こりがひどくなった
☑ 気持ちが不安定
春といえば、季節の変化だけではなく生活の変化も多くなる時期です。
就職・会社内での異動・入学・新学期など、気持ちにストレスがかかる時期ともいえます。ストレスがかかると自律神経が乱れます。
自律神経とは、内臓の動きや血流など体を正常に操作してくれる神経になります。この神経が乱れることで、体の不調が出やすくなります。そして、春は自律神経が乱れやすい季節になります。
●季節要因・生活の変化が重なることで体と気持ちが不安定になります。
自律神経は2つの神経に分かれます。

1.交感神経(活動時)
2.副交感神経(リラックス時)

この2つの神経がバランスよく調整されていると体は正常に動きます。
体や気持ちにストレスを感じている時は → 交感神経が優位になっている。
リラックスしている時     → 副交感神経が優位になっている。
ストレス状態が続いていると、不調がではじめます。2つの自律神経のバランスが崩れてしまっている状態です。
特に、不眠・疲れがとれない・眠りが浅いなどの症状が出ている方は、リラックスすることができなくなり(交感神経型)常にストレスがかかっている状態といえます。
そんな時に、マッサージをしてもらうことでストレス状態からリラックス状態に戻してあげることで自律神経のバランスを整えることができます。
恵比寿にも色々なマッサージがありますが、ポイントは、気持ちがよくてゆっくりとしたテンポのマッサージを受けることです。
テンポがゆっくりとしたマッサージはリラックス効果が高いといわれています。ウトウトしたり、寝てしまったりすることがありますが、疲れた体と気持ちには心地よく感じるはずです。
この春の時期にピッタリのマッサージといえます。体や気持ちの不調はそのままにしておくと悪循環にはまりやすいので、人の手を借りてマッサージを受けることで悪循環を抜け出しやすくなります。
不調を我慢している方は、是非この春にマッサージを活用してみてください。