お知らせ&ブログ

5月はデトックスアロマ

IMG_20160510_103841

5月は体調管理が大切な時期です
代謝機能が活発になり、冬に溜め込んだものを一気に排出するようになるのです。1年を通してヒトの身体の機能は、季節の変化というリズムに合わせて変化しているため、その季節にあったケアをしてあげると自然と体調も肌も調子が良くなります。
「春はデトックスの季節」冬に溜め込んだ毒素をスッキリ排出してイキイキとしたカラダと肌を手に入れましょう。

春野菜がもつデトックス効果

「春の皿には苦味を盛れ」といわれるように、春に芽吹く「たらの芽・ふきのとう・菜の花」などの野菜は、独特の苦味を持っています。この苦味をもたらす成分こそが、代謝機能を促進してくれるのです。苦い物を食べると唾液の分泌が促進されて、消化機能を促進し、食べたものがエネルギーに変わりやすくなり、新陳代謝も促進されます。

春は、デトックスにカラダが働くために、老廃物を排出する役目をする肝臓が疲れやすいときでもあります。春が旬の苦味を持つ野菜は肝機能を向上させる働きがあるため、この時期は積極的に摂りたいものです。肝臓は、デトックスだけではなく脂肪の代謝もアップさせますので、肝機能を向上させることはダイエットにも役立ちます。

四季がもたらすカラダの変化やその季節に採れる野菜など自然がもたらすものには全てつながりがあります。下記の表のように、東洋医学の五行色体表からみると、春に対応する臓器は肝臓となっています。

解毒の役わりを担う肝臓の働きを助けるかのごとく、春に旬を迎える野菜や山菜は、 苦味を持ち合わせるものが多かったりします。自然がもたらすリズムに合わせて食べるものにも季節を感じながら摂ると自然とカラダも調子が良くなるはず。意識して食べるようにしましょう。

《春の旬の野菜》
キャベツ ビタミンUとグルコシノレートという成分が肝機能を向上させて代謝機能と解毒機能を活発にします。
たけのこ シュウ酸などの苦み成分と食物繊維やカリウムが、余分なコレステロールや血糖値の上昇を防ぎ、水分の代謝もアップさせます。
菜の花 苦味成分のケンフェロールの他、抗酸化作用の高いβ-カロテンやビタミンCも豊富でアンチエイジングの味方になります。
ふきのとう ケンフェロール、フキノール酸などの独特の苦みをもたらす成分が肝臓をはじめとする消化機能の働きを促進し、解毒と疲労回復に役立ちます。
せり カルシウム、鉄分、カリウムなどのミネラルや食物繊維が豊富で、血中の余分なコレステロールや老廃物を排出する働きがあります。
たらの芽 エラトサイドという苦み成分が肝機能を向上させ、解毒を促進させる他、糖の吸収を抑える働きもあり、ダイエットに期待できます。

春マッサージ&ダイエットのすすめ

暖かくなり、カラダが活動的に働く春は、食べたものをエネルギーに変える代謝が活発になっている上に、冬に溜め込んだ脂肪や毒素を出そうとする季節であるため、ダイエットに最も効果的な季節です。

マッサージで余分な老廃物の排出を促して、さらに、血行促進されるため、代謝が上がり余分な脂肪が燃焼されやすくなります。
夏に向けてダイエットを考えているのなら今からはじめましょう。

スッキリ引き締まったボディラインへ燃焼系スリミングクリーム
余分な脂肪を効率よく燃焼させるスリミング成分を浸透テクノロジー( QuSome )で肌の深層部へ届け、メリハリのある引き締まったボディラインをつくるボディスリミングクリームです。

春はデトックスの季節
いらないものをスッキリさせて
スリムなカラダと美肌を手に入れましょう