お知らせ&ブログ

疲れの原因を知る 和歌山市もみほぐしとアロママッサージ

IMG_20160416_212412

体の疲れの原因を知ろう!
体の疲れをためないためには、その原因を知っておくことが大切です。疲れの原因をご紹介します。
そしてとにかくマッサージをしてもらい
自律神経のバランスを整えよう

こんなとき、体の疲れは起こる!
激しいスポーツ
激しいスポーツをすると、エネルギーをつくるのに必要なビタミンB1などが多く消耗され、これが疲れの一因となります。ゆっくりと休むとともにビタミンB1をとるようにしましょう。
こちらもチェック!
疲れ(疲労)
ビタミンB1

家事・育児
家事や育児は大変な肉体労働。忙しいと精神的にもまいってしまいます。がんばり過ぎないで休息を。楽しみの時間を持ってリフレッシュすることが大切です。

残業が多い
残業は仕事で疲労するうえに、偏食にも繋がりがち。栄養バランスに気を付けてゆっくり休みましょう。
こちらもチェック!
疲れ(疲労)

朝食ぬき
1日の活力源は朝食から。これをぬくと、眠気が取れない、だるい、集中力がないなどの“お疲れ症状”が出てしまいます。できる限り朝食をとるように心がけましょう。
こちらもチェック!
だるさ・倦怠感
疲れ(疲労)

スナック菓子や清涼飲料水・お酒
スナック菓子やインスタント食品、清涼飲料水、お酒は糖質が中心。ビタミン、ミネラルはほとんど含まれていません。そのうえ、この糖質を分解するためにビタミンB1がたくさん消耗されます。このような食品を多くとったときは、ビタミンB1もとるようにしましょう。
こちらもチェック!
ビタミンB1

子どもは疲れている!
体の疲れを感じるのは、なにも多忙な大人にかぎった話ではありません。学校や塾でみっちり勉強した後、遊びといえばTVゲーム。ストレスや目の使い過ぎで、子どもも大人と同じように疲れていることが少なくありません。
スナック菓子やファストフードといった偏った食事のせいで、栄養のバランスも崩れがちです。
こちらもチェック!