お知らせ&ブログ

和歌山 足のトラブル下肢静脈瘤とこむら返りとむくみ

  1. こぶら返りではありません

こむら返りです

こぶらに噛まれたような痛みなのかと

想像から出た言葉の間違いなのかも

知れません

足のトラブルのお客様が多いので

少しこむら返りと前回の下肢静脈瘤に

ついてお話をしましょう

足がつる(こむら返り)原因
そもそも足がつるのはなぜでしょう。足がつるメカニズムはさまざま考えられていますが、おもな原因は肉体的疲労と栄養不足です。運動や労働による肉体の疲労、発汗や水分補給の不足による脱水、ミネラルなどの電解質の不足、冷えなどの要因が重なって起こると考えられています。

また、普段使わない筋肉を使ったり、筋肉に急に力をかけたりするなども要因となります。

電解質バランスの崩れ
水分の補給が足りていなかったり、バランスのいい食事ができていなかったりすると、ナトリウム、カルシウム、カリウム、マグネシウムなど体内の電解質のバランスが崩れて、足がつる原因となるといわれています。 電解質は筋肉の収縮や神経の伝達、細胞の浸透圧の調整など、筋肉や細胞の機能に大きく関わっています。日頃からバランスのいい食事を摂ることで体内のミネラル(電解質)のバランスは維持されます。偏食や無理なダイエットによって栄養が偏ることで体内の電解質バランスが崩れて、足がつる原因になったりします。

下肢静脈瘤にもいくつかのタイプがありますが、クモの巣静脈瘤、陰部静脈瘤の比較的軽度な場合にはこの硬化療法が適しています。太い静脈の場合や、静脈瘤が大きい場合はこの方法は向いていません。

脱水
急に冷えたり、大量の発汗によって体温が下がったり、脱水症状を起こしているような場合にもミネラルバランスが崩れることがあります。水分が不足がちになるため筋肉が十分な代謝を行えなくなり、神経が異常な興奮状態になって痙攣が起こるリスクが高まります。

血流不足
血流不足が足をつる原因となることがあります。その血液不足の原因病が下肢静脈瘤です。この病気が足つり(ふくらはぎのこむら返り)を引き起こす詳しいメカニズムはわかっていませんが、血流が逆流したりうっ滞したりすることで電解質に異常を来してふくらはぎの筋肉の異常収縮を起こしているのではないかと考えられています。

では足のトラブル対策は

足のふくらはぎにある筋肉への

アプローチになります。

どうしたらいいのか?それは

お店で!!!