お知らせ&ブログ

和歌山更年期障害とアロママッサージ

f03

更年期障害のホルモン補充療法の副作用として、脳卒中のリスクが上がるとも言われいます

和歌山マッサージ

ホルモン補充療法の前に植物療法、芳香療法

手技療法を試してみては?


ではなぜ?更年期障害とアロママッサージが何故いいと言われるのでしょうか?

更年期障害は、閉経前後10年程度、卵巣機能の低下によるエストロゲンの減少、ホルモンバランスの変化などが原因と

言われています。

肩こり、頭痛、不眠などの不定愁訴と

言われるものです。更年期の症状は人それぞれで キツイ人もあれば出ない人もいます。
1番人生で忙しくストレスがかかる時期に重なるともう大変な状態に陥ります。


アロマテラピーは植物の有効成分を

高濃度に含有した天然精油です。
香りの小さな分子は、鼻から生理機能を司る部分(大脳辺縁系)に直接伝わり
香りを嗅ぐことで、自律神経やホルモン調整、免疫系の調整をしているこの部分が刺激を受け、心身のバランスを整えると

言われています。この香りの分子である精油を植物油に希釈してアロママッサージすることで、精油成分が肌から浸透し、血流に乗り、身体に作用します。

お客様の心身の状態に合わせて

精油や手技も変えていきます。

アロマテラピーは楽しく、心地良く取り入れられる健康法。
「更年期」を「幸年期」に変えよう