お知らせ&ブログ

和歌山市風邪予防に効果的なのはペパーミントかティートゥリーのどっち?インフルエンザ対策にも!

風邪予防にハーブやアロマ

ペパーミントとティートゥリーの

違いをお話します。

病院にいきお薬を出してもらう時

症状に合わせてお薬は

変わりますよね?

実はアロマやハーブも同じで

症状に合わせてそして体質や

妊娠の有無 子どもや老人でも

使いこなしや種類が違い

使わない方がいい植物も

あったりします。ペパーミントは

もちろん風邪予防にもよいです。

深く話せば

風邪の症状である鼻づまりにも

よいです。

ガムや歯磨き粉などでよく使われる

スーッとした香りのイメージが

ありますよね。

あれはlメントールという

成分です。

あのスーッとする香りにも、

殺菌作用や感染を抑える作用が

あり、風邪予防に効果が

期待できます。

メントールの香りを嗅ぐと、

鼻づまりが楽になる効果も

あるので、予防だけでなく

辛い症状にも役立ち

炎症を抑える作用もあり、

風邪を引いて頭痛がするときや

のどが痛いときにも、

効果を発揮してくれますので、

症状が出てしまった後も

ひどくならずに済みます

ただし、刺激が強い精油なので、

妊娠・授乳中、幼児、てんかん、

高血圧、心臓疾患のある場合は、

使用を避けないとならないので、

他の精油を使ってくださいね

そこで次は

ティートゥリー

ティーツリーは、

オーストラリアが原産の精油です。

先住民のアボリジニの時代から、

葉がケガや皮膚の治療薬として

使わていました。

特に、その殺菌作用は非常に強く、

副作用も少ないことから

注目されています。

ウィルスの増殖を抑える、

抗ウィルス作用もあると

言われているので、

インフルエンザの予防にも

効果が期待できます。

また、殺菌作用だけでなく、

免疫力をアップする働きも

あるので風邪予防には

もってこいです。

ストレスなどで免疫力が

落ちていると感じる人は、

是非、アロマバスにして

疲れを取りながら

免疫をあげていきましょう

妊娠中でも使用できる

精油なので、薬が制限される

妊婦さんもティーツリーで

予防しましょう。

こういうことから

ハーブやアロマの安全な

使いこなしはお気軽にお問い合わせ

下さい。

今はよくお問い合わせがきている

風邪予防について

ペパーミントとティートゥリーの

お話をさせて頂きました。

実はまだまだ使いこなしがあり

ウィルス性や咳がとまらないような

風邪には

また違うおすすめの

アロマやハーブがありますので

お気軽にお訪ね下さい

最後まで読んで頂きありがとう

ございました。