お知らせ&ブログ

和歌山市認知症予防アロマアルツハイマー頭痛

Screenshot_2016-04-19-22-44-14

おはようございます
アロマが認知症に有効な理由とは?

・アルツハイマー型認知症のケース

脳の記憶をつかさどる「海馬」という部分が委縮する(小さくなる)病気

海馬というのは脳の中心近くにあり、進化の過程で見ると古い脳の部分に含まれます。一方、匂いを感じ取る「嗅神経」は大脳の中心部に伸びていて、海馬の近くに達しています。

このことから、匂いと記憶には関係があることは以前から分かっていました。特に認知症との関連を調べたのが、鳥取大学の浦上克哉教授です。

浦上先生は認知症とアロマセラピーについての研究をしていて、2005年には認知症とアロマセラピーの研究結果を発表しています。

それによると、認知症の中でもアルツハイマー型認知症の記憶障害について、改善がみられたという結果が得られたとあります。
#和歌山市#認知症#認知症予防#アロマ##ローズマリー
#たけし#鳥取大学#浦上教授