お知らせ&ブログ

和歌山市下肢静脈瘤アロママッサージ

和歌山肢静脈瘤にアロママッサージ

AD下肢静脈瘤とは「血管の病気」で足の静脈の逆流防止弁が壊れて
血液の逆流が起こって血管が拡張される病気です。
身体の表面近くにある静脈に血液が停滞して血管が盛り上がります。

<下肢静脈瘤の症状>

下肢静脈瘤は血管が盛り上がったりすねの裏側などに紫色の曲がりくねった筋が浮き出ます。足の中でも特にすねの裏側に出ます。
足のかゆみも伴うと色素沈着などの炎症なども。

<下肢静脈瘤の原因>

静脈瘤が起こる原因のひとつは、静脈弁の故障。静脈には逆流を防ぐ弁があり
それが故障して血液が逆流したり血栓が静脈を詰まらせてしまいます。
そうして静脈内にとどまってしまうのです。
妊娠、肥満、長時間立ちっぱなし、加齢など女性に多い病気。

<下肢静脈瘤の予防>

足のむくみには要注意!!
夜中に布団で足がつるなどの場合は下肢静脈瘤の危険性大。
下肢静脈瘤にならないためには
ウォーキングなどで歩いてふくらはぎの筋肉を鍛えましょう。
ふくらはぎの筋肉が伸縮することで
血液の流れをスムーズにしてくれます。

<下肢静脈瘤の検査>

検査は保険適用。静脈瘤の検査は皮膚にゼリーを塗って血管をなぞり検査。

<下肢静脈瘤の治療法>

下肢静脈瘤はそのままにしていても自然には治りません。
下肢静脈瘤は手術をします。
日帰り手術のパルス発振ヤグレーザー治療など新しい治療法も出てきていますので
よく手術の種類を調べてから病院を選ぶことをおすすめします。
保険適用外も多いようです。

<下肢静脈瘤にアロママッサージ>

アロママッサージ。
ただし血管上に圧をかけないように気をつけてマッサージしなければいけません。

入浴後などに静脈瘤部分をやさしくなでるような感じで血管に沿ってマッサージします。

<下肢静脈瘤のアロママッサージの方法>

マッサージオイルを両手の手の平でのばし
足首から足の付け根に向かって血管に沿って静脈瘤をやさしくなでていきます。
一日2回、朝と入浴後に約15分間、テレビを見ながら上に向かってなでるのを繰り返しましょう。