お知らせ&ブログ

ジンジャーを極める

1413674812203

 ショウガは中国では生姜(しょうきょう)と呼ばれ、紀元前500年ごろから薬用として、漢方処方に頻用されていました。大棗(たいそう)と一緒に配合することでほかの生薬の副作用を軽減することもあり、実に漢方薬の70%に使用されているといわれるほど、漢方の世界でも生姜なくして漢方は成り立たないのです。

 生のものをそのまま乾燥したのを
生姜(ショウキョウ)、表面の皮を取り去り、

蒸して乾燥したものを乾姜(カンキョウ)と呼びます。咳を鎮め、痰を切り、嘔吐を抑えるほか、解熱や消化器系の機能亢進、腹痛、胃痛や便秘の解消など、実に様々な効能が知られています。乾姜のほうがより温める力が強いといわれています。

生で食べるか、熱を通して食べるかで効果も

違ってきます。ショウガの成分の中で

特に注目されているのが、

辛味の主成分であるジンゲロールとショウガオールです。
ショウガを加したり乾燥させると、ジンゲロールがショウガオールに変化します。

ここをわかっていないといけない

生姜を食べるポイント!生で食べると…ジンゲロールで風邪対策に
熱を加えて食べると…ショウガオールで冷え性対策に

 生ショウガに含まれるジンゲロールは強い殺菌力を持っています。刺身の薬味にショウガを使えば、生臭さを消すだけでなく、殺菌効果による食中毒の予防も期待できます。確かに、お寿司屋さんではガリが添えられているのはショウガの殺菌作用を経験的な知恵として取り入れていたのですね。また、風邪のひき初めには、ウイルスや菌に対しても効果を発揮してくれます。特にゾクッときた風邪には効果的です。風邪のひき初めに生姜湯を飲むのは、殺菌効果と発汗作用で体の表面にいる邪気を吹き飛ばすためなのです。ジンゲロールは空気に触れると成分が変化してしまうので、おろしたてまたはスライスしたてに召し上がることをおすすめします。

 一方、ショウガオールは胃腸の壁を直接刺激して、血流を高め、深部の熱を作り出す働きがあります。とくにショウガオールを多く含む、乾燥しょうがは中国の医学書にも「寒冷腹痛を止める」「中を温める」という薬効が記述され、冷えを改善するため、古くから漢方薬に使われています。冷え性を改善する目的なら、生ショウガより、乾燥したものの方が断然効果が高いのです。自宅でも生姜をスライスして天日干しすれば、1日で乾燥生姜のできあがり。(室内なら1週間程度)スープや紅茶にいれるだけで、漢方を服用した時のように
ぽかぽかします

次回はジンジャーオイルについて