お知らせ&ブログ

和歌山市風邪予防に効果的なのはペパーミントかティートゥリーのどっち?インフルエンザ対策にも!2017年12月12日

風邪予防にハーブやアロマ

ペパーミントとティートゥリーの

違いをお話します。

病院にいきお薬を出してもらう時

症状に合わせてお薬は

変わりますよね?

実はアロマやハーブも同じで

症状に合わせてそして体質や

妊娠の有無 子どもや老人でも

使いこなしや種類が違い

使わない方がいい植物も

あったりします。ペパーミントは

もちろん風邪予防にもよいです。

深く話せば

風邪の症状である鼻づまりにも

よいです。

ガムや歯磨き粉などでよく使われる

スーッとした香りのイメージが

ありますよね。

あれはlメントールという

成分です。

あのスーッとする香りにも、

殺菌作用や感染を抑える作用が

あり、風邪予防に効果が

期待できます。

メントールの香りを嗅ぐと、

鼻づまりが楽になる効果も

あるので、予防だけでなく

辛い症状にも役立ち

炎症を抑える作用もあり、

風邪を引いて頭痛がするときや

のどが痛いときにも、

効果を発揮してくれますので、

症状が出てしまった後も

ひどくならずに済みます

ただし、刺激が強い精油なので、

妊娠・授乳中、幼児、てんかん、

高血圧、心臓疾患のある場合は、

使用を避けないとならないので、

他の精油を使ってくださいね

そこで次は

ティートゥリー

ティーツリーは、

オーストラリアが原産の精油です。

先住民のアボリジニの時代から、

葉がケガや皮膚の治療薬として

使わていました。

特に、その殺菌作用は非常に強く、

副作用も少ないことから

注目されています。

ウィルスの増殖を抑える、

抗ウィルス作用もあると

言われているので、

インフルエンザの予防にも

効果が期待できます。

また、殺菌作用だけでなく、

免疫力をアップする働きも

あるので風邪予防には

もってこいです。

ストレスなどで免疫力が

落ちていると感じる人は、

是非、アロマバスにして

疲れを取りながら

免疫をあげていきましょう

妊娠中でも使用できる

精油なので、薬が制限される

妊婦さんもティーツリーで

予防しましょう。

こういうことから

ハーブやアロマの安全な

使いこなしはお気軽にお問い合わせ

下さい。

今はよくお問い合わせがきている

風邪予防について

ペパーミントとティートゥリーの

お話をさせて頂きました。

実はまだまだ使いこなしがあり

ウィルス性や咳がとまらないような

風邪には

また違うおすすめの

アロマやハーブがありますので

お気軽にお訪ね下さい

最後まで読んで頂きありがとう

ございました。

 

和歌山市腸もみマッサージ2017年12月7日

洋式トイレが日本人の便秘の原因?

腸もみマッサージ60分6,000円

日本人は昔は和式トイレを使ってい

ました。

洋式トイレは西洋人に合ったトイレです。

和式トイレは日本人の腸の形に

合っているから。

腸の形に合っていない

洋式トイレを使っていることが

日本人の便秘の原因だと

言われています。

座っている状態だと西洋人は

上から下へまっすぐ伸び

日本人は、肛門の直前で

曲がっていることが多い
体を左側面から見ると、

直腸がちょうど「く」の字の形に

曲がっています。

和式トイレの場合、

かがむことでお腹に力が

入る形になり、直腸が

後方に引っ張られます。

すると「く」の字だった部分が

まっすぐになって、

便が引っかかることなく

よく出るようになるのです。

日本人が洋式トイレに座っただけでは、

曲がった部分に便が

引っかかってしまって出にくい。

これが、日本人に向いていない

洋式トイレを使っていることが

便秘の原因となるメカニズムです。
さらに、洋式トイレで便秘の

まま無理やり便を出そうとすると、

曲がった部分が切れ痔に

なることも多いのだとか。

実際、和式トイレに変えた

途端に便秘も切れ痔も治ったと

いう人も多いといいます。
とはいえ、世の中は洋式トイレ

ばかり。

和式を見つけるのは難しいのが

現状です。そんなときは

、足に台を置いて座るのがおすす

め。足の位置を便座の高さに

近づけることで、直腸の形が

まっすぐになるのです。

台がない場合は、

足をつま先立ちにしたうえで

体を前に倒す…という方法

でも効果があります。

和歌山市「香りのお守り」受験勉強に役立つアロマテラピーとメンタルケア2017年12月3日

「香りのお守り」受験勉強に役立つアロマテラピー

受験シーズン目前ですね、最後の追い込みで勉強、同時に体調管理も万全にしなければなりません。メンタルケアも大切です。

ローズマリーの精油は脳の香りのお薬と言われ認知症の予防に効果あり

集中して最後の勉強を集中する頑張りの力の「受験生の精油」とも呼ばれています。

また、脳の海馬を刺激し、記憶力を高めるともいわれています。

ディフューザーで部屋に香りをたくのが最も簡単で効果的ですが

小さな器にお湯を入れて精油を1、2滴落とすか

ティッシュに1、2滴たらして近くに置いても良いと思います。

ローズマリー・シネオールと呼ばれ1.8シネオールという成分が多く含まれていて

風邪を予防し、鼻やのどの調子を整え、免疫力もアップしてくれます。

日本の受験期は1年で最も寒い時期に体調管理にもよいとされる精油です

精神疲労などで気持ちが乱れたり、物事に集中できないときにも、

やる気や自信を取り戻し明るく前向きにしてくれる精油でもあります。

脳に、体に、心に大活躍するこの精油は、受験期のお守りとして受験生をサポート

受験勉強の合間の夜や休憩の時

受験の緊張を和らげるアロマおいるで

おすすめは真正ラベンダーです。

勉強や気疲れで気持ちが高揚して寝付けないというときに、

枕元に置いてみてください。きっと心地良く眠れることと思います。

リナロールや酢酸リナリルという成分が鎮静効果や安眠効果おもたらし。

しっかりと睡眠をとると学んだことが記憶として定着します。

良い睡眠をとることで翌日はさらに活力が湧いてきます。

また、ドキドキしたり、緊張したりするときもこの香りを嗅ぐと

良いかもしれません。

受験生本人にとっても、そして、家族にとっても受験期は大変ですが、

自然の香りお守りを上手に使って喜びの春を迎えられることをお祈りしています。

●香りが鼻から脳へ伝わるしくみ

嗅覚は鼻腔の上の方にある 嗅上皮 という匂いを感じる部分でキャッチされます。

香りの分子は嗅上皮の粘膜でできた液体層に溶け込み、 嗅細胞 の先端である 嗅毛という極細の毛で受容されます。

受容された香りの情報は、嗅細胞の中で興奮を起こし 電気的信号に変換 されてインパルスを発生させます。インパルスは神経線維を伝わり、脳の底にある 嗅球 と呼ばれる嗅神経を経て脳へと伝わります。

脳へ入った香りの情報はまず 大脳辺縁系という古い皮質に達します。

さらに大脳辺縁系から 視床下部 、すぐ下にある 下垂体 へと伝達されます。

同時に、 大脳皮質 の嗅覚野にも到達し、ここで香りを知覚し何の香りかを判断します。

 

●香りと大脳辺縁系

大脳を「新しい皮質」と「古い皮質」で区別した場合、人間の脳の90%以上は「新しい皮質」が占めていると言われています。

新しい皮質は 大脳新皮質 と呼ばれ、考えたり人間らしい行動と結びついている脳とも言えます。

一方、古い皮質は 大脳辺縁系 と呼ばれ、人間の場合、新しい皮質が発達することにより脳の片隅に追いやられてしまっています。

大脳辺縁系は、食欲や性欲などの動物と共通した 本能の行動 、喜怒哀楽などの 情緒を支配し、自律機能にも大切な役割を果たしています。

興味深いことに、大脳辺縁系は嗅脳とも呼ばれ、嗅覚は直接この大脳辺縁系と結びついています。

他の視覚や聴覚などが、視床や大脳皮質を経て大脳辺縁系へ到達するのに対し、嗅覚は嗅神経からダイレクトに大脳辺縁系へ入ります。嗅覚が人間の五感のなかで最も原始的であり、本能的な感覚と言われる所以です。

香りは感情や本能を支配する脳に作用します。

例えば「わけもなくイライラする」といったような理性ではコントロールできない感情を持て余している時、心地よい香りを嗅ぐことによってリラックスができたりイライラが緩和されることがあります。これは生理的に基づいたアロマテラピー効果の一つなのです。

 

●香りと視床下部

香りの信号は大脳辺縁系へ到達した後、 視床下部 から 下垂体(脳下垂体) へと伝わります。

視床下部は 生命活動に欠かすことのできない体温や水分、血圧、睡眠リズム、消化や呼吸など様々な働きの調整を行っています。

視床下部は自律神経を支配するだけでなく、下にある下垂体という器官とも密接な連携をとって機能しています。

下垂体は、さまざまなホルモンを分泌する内分泌系の器官 で、各種ホルモン線のホルモン分泌量や時期をコントロールし、目的とする各臓器に働きかけて生命維持の安定に大きな役割を果たしています。

視床下部はホルモンを分泌して、または神経連絡によって下垂体に指令を送っています。視床下部と下垂体は一体となって 恒常性を維持 するための重要な働きをしているとも言えます。

人間はストレス状態にさらされたり感情的なダメージを受けると、自律神経系である交感神経と副交感神経のバランスを崩したり、内分泌系の乱れが生じることがあります。さらには免疫系にも悪影響を及ぼすことも知られています。

アロマテラピーにおいては、香りの分子を電気信号としてこの視床下部に送ることにより、 脳内神経伝達物質 の働きに変化が起きると言われています。実際に「香りと神経伝達物質の関係」は実験によって徐々に解明されてきています。

また、特定の香りを嗅ぐことによってそれに応じたホルモンの分泌量の増減が見られるなどの確認もされています。

ストレスを解消するため、リラックスをするため、「癒し」を目的としたアロマテラピー

心理面のみならずこのような生理学的な側面から見たアロマテラピー

(芳香療法)

本格的なアロマテラピーを

受けてみませんか?

和歌山市岡崎にあるオーガニックアロママッサージ2017年11月15日

アロマテラピーとは

植物の香りは、私たちの心や身体にさまざまに働きかけます。
植物から抽出した香り成分である

精油(エッセンシャルオイル)が健康や美容に役立てていく自然療法です

リラクセーションやリフレッシュに役立てる。美と健康を増進する。 身体や精神の恒常性※ の維持と促進を図る。 身体や精神の不調を改善し、正常な健康を取り戻す。人間が本来もっている自然治癒力を高めることにより、病気を未然に防ぐ、治癒を促す、体質を改善するなど健康の維持、増進を図ること。

恒常性 体内の変化や環境の変化にかかわらず、体内環境を一定の範囲で維持するしくみ。古代から、人類は植物の香りを利用し、医療にも役立てていました。
20世紀初頭に「アロマテラピー」という言葉が登場し、精油やアロマテラピーの研究が進んだ現在では、美容、健康の増進、リラクセーション、スポーツ、介護や医療、予防医学などでも活用されています。

和歌山市頭ほぐし2017年11月11日

  • 頭痛がよく起こるので頭痛薬が手放せない状態で頭が重くぼーっとして後頭部や肩や首のこりでパソコン作業もつらく、頭や目がしんどくいつも眼精疲労があるので、眼精疲労マッサージしてほしくてドライアイで目が疲れやすいので、日常的に起こる頭痛対策!
  • とにかくヘッドスパよりもしっかりほぐしほしくて目が落ち込み、何年も眠りが浅くて寝た気がしない。不眠症かもと思い寝ても疲れがとれないので施術中だけでもグッスリ
  • 一日の中で寝起きが一番しんどいので寝起きを良くしたい。体がだるく疲れやすくストレスが多くイライラしやすいので癒したい
  • 体の力が上手く抜けないのでゆるめてほしい集中力がなくなってきたので頭をほぐしたい頭の回転が良くなり生あくびがよく出て、何もする気にならなく憂鬱な日がよくある。
  • 自律神経失調症や更年期障害と医師に言われ抜け毛が気になり頭を押すと気持ちいい

和歌山市筋膜リリース2017年11月6日

http://massage-therapist-688.business.site/

妊婦も安心、横向き施術が可能な職人の店

決められた時間を揉むのではなく、決められた時間内に結果を出すことをモットーとしています。

和歌山市 ハーブの知恵袋2017年11月2日

ハーブの本

ハーブの学校

いろいろあるけれど

本当に自分にあった

ハーブのブレンドティー

飲んだ事ありますか?

ハーブの事なら何でも

ご相談ください